SASURAI

日々、これサスライ
Aug 18
Permalink

一方で、精神面ではテツandトモに学ぶことがある。いじけない、だ。

地方営業で彼らが「なんでこんな小さな町でライブしているのか」という気の抜けた雰囲気をかすかにでも漂わせたら、客との一体感は決して得られなかっただろう。僕のように「テツandトモに大満足!」と言いふらす人もいなくなり、別の自治体などから声がかかることも少なくなっていくはずだ。

テツandトモは、いじけるどころか元気いっぱいだった。サービス精神に溢れていた。目の前のお客さんにきっちり向き合うと次につながる可能性が高まることを体験的に知っている人たちだ。その積み重ねによって、地方営業の分野において確固たる地位を得ることができたのだろう。

今日の仕事が自分にとって揺るぎない現実であり主戦場なのだ、と腹にすえて働けるか。唯一無二のプロフェッショナルとして安定的に稼げるようになれるか否かの分かれ道だと思う。

Permalink
転職はキャリアアップじゃありません。
オポチュニティ探しです。
プロスポーツの移籍をみればその意味は理解できるでしょう。自分がより活躍出来る場に動くのであって、実力は自分で蓄えておかねばなりません。転職先でスキルアップなんてないですよ。これは転職希望者全員が肝に銘じておいてね

Twitter / tyk97 (via gearmann)

はい。

(via currychef) これリブログしたの2年前か (via currychef)

(via mug-g)

Permalink
 誰かを「笑いもの」にすることで生じる笑い。生身の人間があわてていたり、おびえていたり、悲鳴をあげている様子を観察して、それを笑いに転化する手続きを「芸」と呼ぶことでまわっているちっぽけな世界。
Permalink
昔、職人さんの仕事の代金を値切った事を商売人の母親に話したら叱られた。商品を右から左で儲けている商人は値切れ。けど、技術を買っている職人からは値切っちゃダメだと
Aug 16
Permalink

42 :(名前は掃除されました):2009/09 /26(土) 16:59:51 ID:a8rpeT7Z
金持ちは金を貯め、貧乏人は物を溜める

物がなければ散らからない

収納が少ないからものが散らかると考えがちですが、そうではありません。
しまう努力をする人と、出しておく方が便利だと思うひとの意識の違いにすぎません。

物欲主義から卒業し、「物」によらない豊かさへと
考えを変えていくことがまず必要だと思います。

モノはあなたのエネルギーを奪う

収納は買うな
まず捨てろ

Permalink
725 :可愛い奥様:2011/08/01(月) 08:07:42.44 ID:8TQD2UPk0
「夜どんなに落ち込んで暗い気持ちになろうと
その場で行動してはいけない
必ず朝の光の中で考え直しなさい」

大学に入った時、最初の授業中に年配の先生が
「若い人にこれだけは言っておきたい」と聞かせてくれた言葉

今でもありがたかったと思う
Aug 11
Permalink

サクッとわかる正しい歴史

朝鮮「ロシアからの借金返せなくてマジヤバい…併合して助けて日本」
伊藤博文「やだ。日本にとって百害あって一利なしじゃん」
伊藤博文、朝鮮人の安重根に暗殺される

そして日韓併合
朝鮮人「日本が借金を全額払ってくれた!」
「鉄道、水道、何から何まで作ってくれた!」(6000億ドル相当)
「税金も、めっちゃ軽くしてくれた!」(日本の地租25%に対し、朝鮮はわずか3.8%)

朝鮮人「日本に行けば、もっと良い暮らしが出来るはず!!」
日本「ちょ、日本に来すぎ…渡航制限してよ朝鮮」(当時の書類証拠あり)

朝鮮人「制限? だったら密入国するわ」
ソフトバンクの孫正義「(祖父母が密入国した理由について) 金をかせぐためでしょうなあ」

そして日本敗戦
手のひら返しの朝鮮人
朝鮮人「よくも武力でムリヤリ植民地支配したな、謝罪して賠償しろ!!」
「おれ達は戦勝国、日本はおれ達のもの!」

アメリカ「いや、お前ら戦勝国じゃねーだろ」
「てか、日本と戦ってねーだろ」(ラスク書簡) サクッとわかる正しい歴史 朝鮮「ロシアからの借金返せなくてマジヤバい…併合して助けて日本」 伊藤博文「やだ。日本にとって百害あって一利なしじゃん」 伊藤博文、朝鮮人の安重根に暗殺される ↓ そして日韓併合 朝鮮人「日本が借金を全額払ってくれた!」 「鉄道、水道、何から何まで作ってくれた!」(6000億ドル相当) 「税金も、めっちゃ軽くしてくれた!」(日本の地租25%に対し、朝鮮はわずか3.8%) ↓ 朝鮮人「日本に行けば、もっと良い暮らしが出来るはず!!」 日本「ちょ、日本に来すぎ…渡航制限してよ朝鮮」(当時の書類証拠あり) ↓ 朝鮮人「制限? だったら密入国するわ」 ソフトバンクの孫正義「(祖父母が密入国した理由について) 金をかせぐためでしょうなあ」 ↓ そして日本敗戦 手のひら返しの朝鮮人 朝鮮人「よくも武力でムリヤリ植民地支配したな、謝罪して賠償しろ!!」 「おれ達は戦勝国、日本はおれ達のもの!」 ↓ アメリカ「いや、お前ら戦勝国じゃねーだろ」 「てか、日本と戦ってねーだろ」(ラスク書簡)

Permalink
韓国が在韓の定住日本人に対して行っている制度
◆就労権剥奪
◆国民年金に加入禁止
◆住民登録禁止
◆ローン禁止
◆身分証の発行禁止
◆電話回線に加入禁止
◆不動産を保有禁止
◆生活保護適用除外
◆公務員にさせない
◆銀行の当座取引、預金、送金、融資不可
— Twitter|うまやど HIRAOKA Norito ‏@umayado17 
https://twitter.com/umayado17/status/492224112043905024 (via ashzashwash)

(via hizume)

Permalink

日本人の「家族の呼び方」の他言語ではみられない特徴があります。

たとえば、日本人の夫婦は、子どもが生まれるまではお互いに名前で呼び合っていても、子どもが生まれると、つまり家族の幼いメンバーができると、夫婦でお互いに「お父さん」、「お母さん」などと呼び合うようになることが多いと思います。

仮に、A夫さんとB子さんの夫婦でしたら、子どもが生まれる前はそれぞれ「A夫くん」、「B子ちゃん」とか呼び合っていたのが、C男くんという赤ちゃんができると「お父さん、お母さん」とか「パパ、ママ」とかになったりします。

また、たとえばこの夫婦に二番目の子ども(D美ちゃん)ができると、今度は、最初の子である「C男くん」はそれまで名前で呼ばれていたのに、「お兄ちゃん」と呼ばれるようになることがわりとあると思います。

または、たとえばB子さんの父(E蔵さん)や母(F子さん)は、それまでB子さんに「お父さん」「お母さん」と呼ばれていたのに、B子さん夫婦に子供が生まれるとB子さんにも「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばれるようになります。E蔵さんやF子さんのほうは、特にC男くんやD美ちゃんの前では、自分の娘であるB子さんを「お母さん」と呼んだりします。

A夫さんやB子さんが、C男くんやD美ちゃんに話しかけるときは、それぞれ「お父さんはな」とか、「お母さんはね」というかたちで、自分自身のことを子どもたちの観点からみて呼びます。

鈴木氏は、こういう日本の家庭でよくある言語習慣のルールとして、日本人の家庭では、「家族の一番幼いメンバーの観点に立って、それぞれを呼び合うことが多い」と分析しています。

鈴木氏は、こういう言語習慣ができた理由について特に言及していませんが、やはり一番幼い子(上の例ではD美ちゃん)の観点に立って、その子が混乱せず、世の中のことがスムーズに学べるようにしてあげたいという年長者の優しい願いから生じているんだと思います。

つまり、常に一番幼い子の観点に立って、この人は「お父さんだよ」、「お兄ちゃんだよ」「おばあちゃんだよ」と、この世に生まれてきて日の浅い子が混乱することがないように、家族のメンバーを呼ぶんだと思います。

こういう日本語の言語習慣は、あらためて知るととてもいいものですよね。
日本語って、優しい、思いやりのある言語だなと思います。
(^_^)

Permalink
高度成長期のモーレツ社員というものはだいたい20時くらいになると退社していた。なお仕事の大半が電話、書類の作成(手書きメインなので一日数枚が限度)、ハンコ、ゼロックス程度で今の新人ならPC使って小一時間程度の内容だったから今の人は大変だよーというホラーを再雇用のじじいから聞いた